さとやま田んぼの生きもの

 湧き水のきらめき、そこに集う生きものたちの

いのちの輝き、吹き抜けるさわやかな風、

私たち、里山の恵みを余すことなく活かします。

里山の変化を調べます
 田んぼ1枚から谷津田全体まで、さとやまに

起こる変化を調べています。

 カエルたち 田んぼを再生し、農薬などの汚染がないきれいな水で満たされた水辺が

できたことでやってきてくれました。田植え後には産卵がみられ、オタマジャクシがたくさん

見られるように。6月にはカエルになりはじめ、稲につく虫を食べてくれます。

ニホンアマガエル トウキョウダルマガエル
ニホンアマガエル トウキョウダルマガエル
ツチガエル
 ツチガエル
 風景 や 花   草木の花や里山の風景はすがすがしさを与えてくれます。
コバギボウシ 春の里山
コバギボウシ ヤマザクラ と コブシ
 サシバ カワモズク
 上空を舞う サシバ  透明な湧き水の川で発見 カワモズク
 トンボたち 昔(1970年代)、谷津田には多くの種類(約30種類)のトンボが見られたそうです。トンボは田んぼ周辺や林の中にいる小さな虫を食べてくれます。トンボを増やすことで蚊などの大発生を抑えることも。ため池や土の川など昔の里山の環境を再生しながら、まずは10種類、次に20、やがて30種類のトンボを呼び戻していきます。
シオカラトンボ イトトンボ
 シオカラトンボ アジアイトトンボ
ウチワヤンマ ウスバキトンボ
 ウチワヤンマ ウスバキトンボ
ノシメトンボ ナツアカネ
ノシメトンボ ナツアカネ
simgp3827 simgp3783
アキアカネ(オスとメスのペア) アキアカネの産卵
 チョウやガの仲間 いろいろなチョウたちに戻ってきてもらうために、田んぼと水源の森を、昔ながらの雑木林へとセットで再生していきます。
ヤママユガ イチモンジセセリ
ヤママユガ イチモンジセセリ